悲しくてやりきれない カバー動画:チャラン・ポ・ランタン


ザ・フォーク・クルセダーズ『悲しくてやりきれない』の楽曲を姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」がカバーしている動画を見つけたのでご紹介します。


『悲しくてやりきれない』
リリース:1968年3月21日
作詞:サトウハチロー
作曲:加藤和彦
唄:ザ・フォーク・クルセダーズ
歌詞:http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=37018

カバーアーティスト:チャラン・ポ・ランタン
ボーカル:もも
アコーディオン:小春
撮影日:2012年10月12日
八王子・福の湯「親子限定イベント」


「イムジン河」と「悲しくてやりきれない」の関係


ザ・フォーク・クルセダーズの「イムジン河」はコリアの歌に日本語訳詞を付けた曲ですが、レコード会社は国交のないコリアの名を出すことを躊躇し、コリアもコリアの曲が日本国内で売れることを望まなかったためレコード会社にプレッシャーをかけた結果「発売自粛」となったみたいです。また、東芝音楽工業の「ホールディングカンパニー東芝」がコリア内での電化製品の共有拡大に悪影響が出るのを危惧したためプレッシャーをかけたという説も存在します。※画像検索に載らないようコリアのみにしました(ノースとサウス)。

発売自粛となってしまった「イムジン河」の2枚目のシングルとして「ザ・フォーク・クルセダーズ」が書き下ろした楽曲『悲しくてやりきれない』は「イムジン河」のメロディを逆向きに再生(逆回転)して作った曲で、15分程でできたらしいです。

そんな、『悲しくてやりきれない』の楽曲は、大物アーティストがカバーする名曲となりました。

チャラン・ポ・ランタンと同じ事務所(ソニー・ミュージックアーティスツ)の大先輩でもある奥田民生さんも、シングル「花になる」のカップリング曲として『悲しくてやりきれない』をカバー。2002年にリリースしています。

あの、吉田拓郎さんもカバーしているんですよ!!!

他、カバーアーティストは>>>コチラをチェック!


ザ・フォーク・クルセダーズと言えば、デビューシングル「帰って来たヨッパライ」も有名曲ですよね^^


『悲しくてやりきれない』のカバー撮影場所はどこ?


『悲しくてやりきれない』カバー動画の(YouTube)コメント欄に、チャラン・ポ・ランタン姉妹はどこの銭湯で撮影したのだろうか?という質問がありましたので調べてみました。

「福の湯 八王子」
〒192-0066 東京都八王子市本町3-6


kanasikuteyarikirenai-cover-1.jpg

「福の湯 八王子」富士山⇒写真

kanasikuteyarikirenai-cover-2.jpg

「福の湯 八王子」外観デザイン⇒写真

『悲しくてやりきれない』の撮影場所はおそらくここで間違いないと思います。

※ももちゃんのブログの写真をお借りしました。


「うたのゆ」イベントのことは、チャランポももちゃんのブログに詳しく書いてありました。写真もいっぱい載ってるし、この日は他の曲もカバーして唄ったみたいだよ。詳しくはこちらの記事をチェック⇒福の湯deチャラン・ポ・ランタン


悲しくてやりきれない カバー動画:チャラン・ポ・ランタンについては以上になります。